リース契約書に明記されるべき内容

リース契約書に明記されるべき内容



特定のものを購入するのに十分なお金がない場合プロパティを使用すると、しばらくそれを使用することができます。原則として、この場合、リース契約が締結されます。しかし、当事者の利益を損なわないためには、いくつかの重要なニュアンスを考慮する必要があります。





リース契約はどのように見えるのですか?


















指示





1


リース契約は合意であり、料金を支払うための財産の提供を提供する。リースの対象は、不動産、土地、車両その他のものになることがあります。さらに、リースは企業全体に移転することができます。他の同様の契約(無償使用など)から、リースは財産の使用に対する支払いの存在によって区別されます。





2


リース契約は書面で締結される。 不動産のリースを伴う場合には、契約はさらに国家登録の対象となります。リースが物件の所有権の譲渡を規定している場合、契約の形式は関連する物件の売買契約の形式と一致しなければならない。





3


契約の主題では、明確に記述することが必要ですリース物件の特性、契約締結時の価値などが含まれます。だから、家賃がマンションに関係する場合は、その住所、部屋数などを指定する必要があります。車の場合 - このモデル、色、発行年、ナンバープレート。契約のこのセクションではまた、リース期間を指定する必要があります。





4


リースの主なものの1つは、家賃の徴収に関する規定。ここでは、サイズと支払いの順番を指定するだけでなく、支払額を確認する手順を指定する必要もあります。多くの場合、賃貸料に加えて、テナントには追加料金がかかります。例えば、アパートを借りるとき、賃借人は賃貸人および公益事業者に補償することを約束する。この場合、契約はそのような補償の実施のための条件と手順を明記しなければならない。





5


リース契約には、両当事者の相互の権利と義務に関する。リース物件の一般的な使用条件を明記すべきではありません。したがって、賃貸物件は保険に加入することができます。この場合、対応するデューティがどちら側になるかを規定する必要がある。さらに、財産の使用期間中に、借手はそれを改善することができる。そのため、リースにこのような改善の行使のための条件を指定する必要があります。例えば、永久的な改善(すなわち奪うことができないもの)のコストは、賃借人に賃貸人によって補償されるか、または賃貸でカウントしてもよいです。





6


合意のもう1つのセクションは、当事者の責任について。ここでは、当事者による相互義務違反の制裁だけでなく、借手の過失による財産の破壊または損害の結果にも注意を払う必要がある。





7


のリースを完了するその有効期間。また、当事者の1つのイニシアチブにおける早期終了の根拠と手続き、ならびに契約の自動延期条件を明記する。